平岩優奈の大学は武庫川女子大!退学の噂はデマ?当時の成績も紹介!

2021年に開催される東京オリンピックに出場が内定された平岩結菜さん。

可愛いと話題を集めたルックスと、力強い演技で多くの人から注目されています。

平岩優奈さんは現在22歳で大学卒業後のオリンピック出場ということなので、大学はどこに通っていたのか、体操の成績はどのくらいかな?と疑問に思う方もいらっしゃいますよね?

しかし調べてみると、大学を退学している噂があったんです!

そこで今回は平岩結菜さんがどこの大学に通っていたのか、そして退学していたとの噂も本当なのかご紹介していきます。

Sponsored Link

 

平岩優奈の大学は武庫川女子大学

平岩結菜さんが通っていた大学は兵庫県にある武庫川女子大学になります。

学部は、健康・スポーツ化学部で将来、スポーツ指導する人を育成するための学科となるようです。

健康づくり、スポーツに関わる効果的な指導・経営(マネジメント)の方法、競技力向上のためのスポーツテクノロジーを学びます。最先端の健康・スポーツ科学を基とした理論と実践によって、社会で活躍できる優れた指導者、保健体育科教員、経営者を養成します。

引用:https://www.mukogawa-u.ac.jp/dai/health/index.html

入学の経緯は、高校生の時にナショナルメンバーの抜擢をされていた際、当時のコーチである大野和邦さんが武庫川女子大学の体操部監督だったことから入学を決意したそうです。

 

武庫川女子大学とは?

平岩優奈さんが通った武庫川女子大学は、オリンピック選手を何人も輩出しているスポーツの名門私立大学で、偏差値40〜52.5(2021年5月現在)となっています。

武庫川女子大学出身のオリンピック選手
  • 北本忍/カヌー(ロンドン、北京、アテネ五輪代表)
  • 鈴木祐美子/カヌー(北京、アテネ五輪代表)
  • 杉原愛子/体操(2021年代表内定)
  • 荒井祭里/高飛び込み(2021年代表内定)

体操では全日本学生体操選手権大会の団体総合で4年連続準優勝を果たしている強豪校になります。

Sponsored Link

 

平岩優奈が大学を退学した噂はデマ?

平岩結菜さんについて調べていると、武庫川女子大学を退学しているという噂がありました。

2019年(大学2年)の大会エントリー時の所属が武庫川女子大学から戸田スポーツクラブに変わっていたことが、噂された要因だと思われます。

しかし、実際は退学しているという事実はなく2020年に取材を受けた時は、大学3年生と紹介されています。

見る限り、退学している様子はなさそうですよね。

ただ、戸田スポーツクラブは埼玉県の戸田市にあるということで、兵庫県にある武庫川女子大学との両立は難しいのでは?とも考えます。

また、平岩優奈さんのSNSを見てみると、高校卒業のあとが東京と書かれているのを見るともしかしたら、武庫川女子大学を退学をしている可能性も捨てきれません。

退学に関しては、平岩優奈さんが特に何かを公言しているわけではないので不明となっています。

 

戸田スポーツクラブに移籍した理由とは?

平岩優奈さんは15歳のときに世界選手権の代表入りを果たしましたが、直前に右手中指中手を骨折してしまい代表取り消しとなってしまいました。

その後はけがの恐怖心が消えることがなく、主要大会でも棄権や予選落ちという成績が続いていたようです。

当時は「体操は好きだけど練習が怖い、悔しさが強くてうまく切り替えられなかった」と語っています。

 

関西の強豪校である武庫川女子大学に進みましたが、以前のような体操ができなくなっていたことで、2年前(2018年〜2019年頃)に体操の練習拠点を埼玉・戸田スポーツクラブに移したそうなんです。

その後は少しずつ大会成績を上げていき、見事オリンピック内定が決定

戸田スポーツクラブの豊島コーチに出会えたことで、体操の楽しさや五輪を目指したい気持ちが再び蘇ったそうです。

 

豊島(旧姓・菅原)リサコーチは1996年アトランタオリンピック代表を経験しており、選手の食事面から体調管理まで真摯にサポートしています。

Sponsored Link

 

平岩優奈の大学での体操の成績は?

6歳から体操を始め、小学校中学校で実力が開花し多くの好成績を上げていました。

しかし15歳の時のけがにより、恐怖心から思ったような動きができず低迷状態が続いておりました。

大学入学後も持ち直すことが少なく大会成績はあまり良いものと言えなかったそうです。

 

大学時代の成績
  • 2017年4月 第59回 関西学生体操選手権 女子個人総合優勝
  • 2017年8月 第71回 全日本学生体操競技選手権大会 女子個人総合5
  • 2018年 全日本選手権55位で予選落ち
  • 2018年 第72回 全日本学生体操競技選手権大会 女子個人総合優勝

 

成績に波があり、高校生のときに全日本選手権で総合3位になった成績から考えると、予選落ちもしていることから、けがの恐怖心から立ち直れていなかったのが分かりますね。

しかし、戸田スポーツクラブに移籍した後からは次第に平岩優奈さんの本来の力が戻り、順位を上げていきました!

  • 2020年12月 第74回 全日本選手権 個人総合6位
  • 2021年4月 第75回 全日本選手権 個人総合3位
  • 2021年5月 NHK杯 3位

2021年の全日本選手権で7年ぶりの表彰台に立ち初のオリンピック代表に見事選ばれ、団体のメンバーにも選出されています。

大会後に平岩優奈さんは「もっと体操が好きになれた」と完全復活とも思えるコメントを発言していました!

Sponsored Link

 

平岩優奈のプロフィール一覧

平岩優奈さんのプロフィールをご紹介したいと思います!

プロフィール
  • 生年月日:1998年11月21日(22歳)
  • 出身地:東京都練馬区
  • 血液型:O型
  • 身長:148cm
  • 体重:41kg

意外にも148cmという小柄な身長ということに驚きました。

コンビニのカニカマが大好きなようでNHK杯の試合前に食べてテンションを上げていたようです。

SNSを見てみるとスイーツの投稿が多いことから甘いものも好きなようですね。

平岩優奈さんは髪の色をピンクやオレンジに染めているのが印象的ですが、オリンピックでは緑にしようかなと語っていました。

明るい髪色を問われると、「ちょっとオレンジ」と笑顔。五輪本番では「緑が好きなので緑にしようかな」と楽しみにしていた。

引用:https://www.sanspo.com/sports/news/20210515/gym21051517040006-n1.html

そして、元オリンピック代表でエレガンス賞を獲得したこともある田中理恵さんから「今、日本で一番キレイな体操をする」と称賛されるほどの実力を持っているんです。

 

以上、平岩優奈さんの大学や退学の噂、当時の成績をご紹介しました!

けがをして辛い経験もあったようですが、諦めずに前に進んだことで東京オリンピック内定を見事勝ち取りました!

今までの悔しい経験をバネに、東京オリンピックでは表彰台に上がった姿を見せてほしいと思います!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。