高橋藍(バレー)の中学は京都蜂ヶ岡!高校大学の学歴や実績は?

2021年東京オリンピックの代表に選ばれ活躍を見せた高橋藍さん。

プレーはもちろん、端正な顔立ちをしていて「イケメン」と一気に女性ファンも増えたようで、その注目度は高いもの。

実は中学高校時代からすでに活躍をしており、多くの実績を残しているんです!

そこで今回は出身中学はどこなのか、高校大学までも活躍してきた実績も一緒にご紹介していきたいと思います!

Sponsored Link

 

髙橋藍の出身中学は京都蜂ヶ岡

髙橋藍さんの通っていた中学は京都市立蜂ヶ岡中学校になります。

京都市出身ということで地元の中学校へ行ったのだと思いますが、京都市の中でも蜂ヶ岡中学校はバレーボール部が強いことでも有名らしいので選んだ可能性もありますね。

そんな高橋藍さん、中学時代は全日本中学校選手権大会に3年連続で出場し、2年のときには優勝を果たしています。

当時は背があまり高くなかったため、リベロを務めてたという事実も!

そして、中学3年生のときにJOCジュニアオリンピックカップへ京都選抜に選ばれるほど優秀な選手だったのです。

当時の映像が↓こちらになります。

まだあどけなさが残っていますが、可愛らしい顔とは反面、プレーは迫力がありますね!

中学生でこのレベルですので、高校や大学はどれほど活躍してきたのでしょうか?

Sponsored Link

 

髙橋藍さんの高校や大学は?当時の実績も

中学校からエースとして活躍してきた髙橋藍さん。

高校大学はどこに通い、どんな成績を納めてきたのでしょうか?

 

東山高校へ進学

高校は兄と同じ京都の東山高校に通っていました。(藍さん高1の時兄は高3)

この頃から髙橋藍さんは石川祐希選手に憧れを持っていたようなんです!

そして東山高校コーチである松永理生さんは中央大学の監督時代に石川選手を指導していた経歴が。

当時石川選手に教えていたウェイトトレーニングと同じメニューを髙橋藍さんもこなしていたようで、憧れの選手と同じ練習をしていたことができて自信に繋がったようです。

 

高校1年と2年のときは強豪校に一歩及ばずのところで春高バレーには出場できませんでした。

しかし髙橋藍さんが主将となった3年のときに2019年夏のインターハイで見事3位になりました!

そしてついに2020年、全日本高校選手権大会(春の高校バレー)で初の優勝を果たしたのです!、

悔しい思いをしてきながらも、3年生でやっと優勝を手にした春高バレーは髙橋藍さんにとって一番印象に残っている試合になったそうです。

当時の試合を見た人からは「攻撃力がハンパない」「反応がリベロ」「男から見ても惚れる」と絶賛されていました。

そして高校を卒業する頃に2020年の日本代表登録選手に選ばれました!

 

日本体育大学に在学中

東山高校を卒業後は、2020年4月に日本体育大学へ進学しています。

入学後はコロナ感染防止のため、練習や試合が思うようにできない状況が続いたようですが、日本代表合宿に参加するなどして、メンタルやフィジカル面を鍛えていったそうです。

その後、2020年12月の日本インカレでは主力選手として出場しました。

決勝で早稲田大学に敗れましたが準優勝を果たし、ベストスコアラー賞を獲得しています。

ちなみに、準決勝では兄のいる日本大学と戦い、勝利しているんですね!

Sponsored Link

 

髙橋藍さんのwiki風プロフィール

髙橋藍さんのプロフィールを詳しく紹介したいと思います!

プロフィール
  • 生年月日:2001年9月2日(20歳)
  • 出身:京都府京都市
  • 血液型:O型
  • 身長:188cm
  • 体重:82kg
  • 家族構成:父、母、兄、妹
  • 最高到達点:343cm
  • ポジション:アウトサイドヒッター
  • 好きなアーティスト:ワンオクロック
  • 座右の銘:never give up

髙橋藍さんの「藍」はお父さんが野球好きということもあってホームランの「ラン」からとったよう。

お兄さんも「塁」という名前で一塁二塁の「塁」からきているそうですよ。

髙橋藍さんは兄のバレーボールの練習についていくことが多く、小学2年生のときに練習試合を見に行ったらメンバーが一人足りず、監督に「試合に出ろ」と言われやってみたら楽しく、親の勧めもあってバレーボールを始めたそうです。

そして小学校6年生の時に「東京オリンピック」開催が決まり、当時の卒業文集には「東京オリンピックに出る」と書いたそうなんです。

そして、ついにその夢は2021年に行われた東京オリンピックで叶うことができました!

 

兄もバレーボール選手

髙橋藍さんには2つ上の兄・塁さんがいます。

藍さんと同じく東山高校でキャプテン兼エースとして活躍し、現在は日本大学でバレーボールを続けているそうです。

小さい頃から兄の背中を追い続けてきた髙橋藍さんにとっては仲の良い兄弟でありながら、同じ夢を追う同士でもありライバルでもありますね。

Sponsored Link

 

髙橋藍はハーフ?

SNSでは、髙橋藍さんは「ハーフなの?」という噂がありました。

日本人離れした顔立ちをしていて、澄んだ目がとても印象的です。

実は、母方の祖父がアメリカ人で母親がハーフということ。

なので髙橋藍さんはクウォーターということになりますね。

兄の塁さんによると、イギリスとドイツの血も入ってるようです!

SNSでも、髙橋藍さんのイケメンぶりに興奮する女子が多くいました!

イケメンの上、バレーの技術もすごいということで、将来を期待されている髙橋藍さん。

日本代表としてまだ歩みを進めたばかりですが、夢のオリンピックの舞台に立ち、多くの経験をしてきた経験を糧にさらなる進化をとげた高橋藍さんに期待です!

Sponsored Link

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。