藤間爽子の兄は元ジャニーズ?両親も元俳優で家系図がヤバすぎる!

藤間爽子の兄は元ジャニーズ?両親も元俳優で家系図がヤバすぎる!

ドラマ、「マイファミリー」でキーパーソン、鈴間亜矢役を演じた藤間爽子(ふじま さわこ)さんをご存知でしょうか?

豪華キャストの中でも引けを取らない存在感と演技力の高い女優さんという印象を受けました。

そんな藤間爽子さんを調べるととても興味深いワードがたくさん出てきました!

兄はジャニーズに所属している?ご両親も芸能人だった?

家系図に有名俳優の名前が!また、その有名俳優との関係は?

今回は、とても気になるこの点について調査してみました!

Sponsored Link

 

藤間爽子の兄は元ジャニーズ?

藤間爽子さんの兄 藤間貴彦さんはジャニーズJrのグループ「Tops」に所属していました!

Topsは元BIG FOURのメンバーに藤間貴彦さんが加わり、それぞれ独自の特技を持つグループとして結成されたようです。

藤間貴彦さんは、幼いころから習っていた日本舞踊を特技とし活躍していました!

他のメンバーはどんな特技を持っていたのでしょうか?

  • 小林宏一 (フィギュアスケート)
  • トミー・真央 (バトン)
  • ゴトウ泰観 (バイオリン) 
  • ジョーイ・ティー (ヒップホップ・ダンス)

特技も多種多様ですね!

しかし、メンバーの脱退が続き、2007年には自然消滅してしまいました。

ツイートを見ると滝沢歌舞伎にも出演されていたのですね。

日本舞踊を特技とする藤間貴彦さんの歌舞伎は目を見張るものがあったのかもしれません。

ジャニーズ時代の情報はグループ所属も2年に満たなかったためか、残念ながらあまりありませんでした。

しかし、現在は日本舞踊と俳優を兼業し、2021年3月に「初代、藤間翔」と改名され、日本舞踊の舞台で活躍されています!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

藤間 翔(藤間貴彦)(@fujima0122)がシェアした投稿

歌舞伎、能などと並ぶ古典芸能、日本舞踊の第一人者として今後も活躍されていくことでしょう。

Sponsored Link

藤間爽子の両親はもと俳優?

藤間爽子さんの父、藤間文彦さんは元俳優でした!

数々のドラマや映画に出演してきましたが、代表作のガッツジュン(1971年、TBS) – では、主役を演じていました。

現在はプロダクション社長としてプロデューサー業をされているようです!

ツイッターではファンによるつぶやきもありました。

爽やかな顔立ちを見ると藤間爽子さんはお父さん似かもしれませんね!

次は母親の島村佳江さんについての情報です。

島村佳江さんも女優でした!

劇団昴に所属していた劇団員だったようです。

こちらもサスペンスや時代劇など、本当にたくさんのドラマや映画に出演されていました。

画像を見るととてもお綺麗な方ですね!

兄妹とも容姿端麗なのは納得です!

ここまででも充分な芸能一家だと思うのですが、まだまだこんなものではないのです!

藤間爽子の家系図がヤバい!香川照之との関係は?

兄、藤間貴彦さんが幼いころより日本舞踊を習っていたことを先ほどお伝えしましたが、藤間爽子さんも6歳から始めていたようです。

わたしの感想ですが、子供の習い事の中で日本舞踊はあまり一般的ではないように感じます。

では、どうして兄妹とも習っていたかと申しますと、それはお家柄にあります。

先述したとおり、父はプロデューサー(元俳優)、母は女優ですが、父型の祖父・祖母はどちらも有名な日本舞踊の舞踊家でした。

祖父、二世藤間勘祖は藤間流宗家の舞踊家、祖母、藤間紫は紫派藤間流家元・初代藤間紫という肩書を持った方々でした。

2009年に祖母、藤間紫さんは肝不全のため、死去されましたが、のちに藤間爽子さんが「三代目藤間紫」を襲名されました。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

藤間爽子(藤間紫)(@fujimasawako_official)がシェアした投稿

では、なぜ三代目?二代目は?と気になるところです。

この理由を調べるとさらに驚くべき人物が浮かび上がります。

祖母の藤間紫さんが亡くなったあと、仮の二代目としてこの名を預っていた人物がいました。

その方は有名な歌舞伎役者の二代目市川猿扇さんでした。

市川猿扇さんは、伝統ある歌舞伎に宙返りなどのエンターテインメント性の高い要素をくわえ、新風を吹き込んだ人物です。

今のスーパー歌舞伎のはしりだとも言われています。

おそらく、市川猿扇さんが預かっていることで仮の二代目となり、藤間爽子さんが三代目になったのだと思われます。

ではなぜ、市川猿扇さんが大事な「藤間紫」名をあずかったのでしょうか?

それは彼のプライベートを調べるとわかりました。

市川猿扇さんは、2度の結婚をされています。

1度目は元宝塚歌劇団雪組トップ娘役で女優の浜木綿子さん。

2度目は藤間爽子さんの祖母の藤間紫さんです。

祖母、藤間紫さんの結婚相手、つまり藤間爽子さん、貴彦さんの祖父だったのです。

そういう繋がりから「二代目藤間紫」の名を預かっていたわけですね。

では、市川猿扇さんに血の繋がったはお子さんはいなかったのでしょうか?

実は1度めの結婚で浜木綿子さんとの息子がいました。

ごぞんじの方もいらっしゃるかもしれませんが、その息子は名俳優の香川照之さんです。

つまり、藤間爽子さんからは義理の叔父になりますね。

映画やドラマ、同じ表舞台で活躍する叔父と姪、そんなおふたりの関係についてさらに調査してみましたが、藤間爽子さんの襲名に際して、香川照之さんはなぜかノーコメントだったとニュース記事にありました。

なぜでしょうか?

「初代紫さんと彼とのそもそもの始まりが……複雑でしたから。“澤瀉屋”としては表立って口に出せない部分もあるのでね(苦笑)」

 表立って口に出せない理由─それは初代紫さんが香川のもとから父・猿翁を“奪い去った”張本人だったから。

「猿翁さんは’65年に、女優の浜木綿子さんと結婚。ところが、すぐに初代紫さんとのW不倫に走ってしまって。それ以来、父子は絶縁状態だったんです」(梨園関係者)

【引用元】https://www.jprime.jp/articles/-/20275?display=b

藤間爽子さんの祖母である初代藤間紫さんは、市川猿扇さんの初恋の相手だったようです。

しかし、市川猿扇さんの踊りの師匠でもある二世藤間勘祖さんに嫁いだため諦めていたのですが、結婚後、その恋が再燃してしまったのでしょう。

猿扇さんは初恋を成就できましたが、妻の浜木綿子さんや息子の香川照之さんには納得がいくことはなかったはずです。

この確執は40年あまりも続きましたが、2011年、香川照之さんが九代目市川中車を襲名し、歌舞伎界への進出を決めたことで父親との仲も雪解けとなったようです。

こういった経緯で藤間爽子さんの襲名にノーコメントだったのでしょうか?

しかし、父、市川猿扇さんとの雪解けを考えるとそこまで深い理由ではなかったのかもしれません。

血の繋がりはないものの、叔父と姪にあたるおふたり。

名俳優である香川照之さんと若いながら存在感のある演技をされる藤間爽子さんとの共演を今後期待したいところですね♪

Sponsored Link

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。