吉川愛の子役時代の名前が違う?引退も復帰した理由はスカウトだった?

数々のドラマに出演し、演技力の評価が高い女優の吉川愛(よしかわ あい)さん

実は3歳で芸能界に入り、5歳で爽健美茶のCM等でデビューしてからは多くの作品に出演、活躍されていたんです。

子役時代から演技力が大人顔負けなほど完成度が高いと有名なほど!

そんな吉川愛さんですが、一度芸能界を引退し1年後には改名して復帰されてます

今回吉川愛さんの芸能界引退復帰と改名されたワケについて調べてみました。

Sponsored Link

吉川愛の子役時代の名前が違う?

現在は吉川愛さんという芸名で活動されてますが、3歳で芸能界デビューした時は吉田里琴(よしだ りこ)さんという芸名で活動されていたようです。

ではなぜわざわざ芸名を変える必要があったのでしょうか?

ちなみに吉田里琴という芸名も実は本名ではないのか?という噂もあります。

吉川愛の本名は?

本名について調べてみましたが吉川愛さん自身、本名については何も公表されておりませんでした

しかし、デビュー時に使われていた吉田里琴という芸名が本名の可能性が高いということが分かりました。

なぜならば小さいころは名前がこんがりやすく、子役は芸名も本名を使って活動することが多いからだそうです。

ただ、現在の吉川愛という芸名よりも吉田里琴の方が馴染みがあり、前の芸名の方が印象に残っている方が多いのは確かなようです。

また吉川愛という芸名に改名した理由ですが、引退前に所属していた「ムーン・ザ・チャイルド」という事務所が商標登録しており、吉田里琴の芸名を他事務所で使用することができなくなった、それが一番濃厚な説ではないのでしょうか。

商標登録とは、特許庁による行政処分です。分かりやすくいうと、自分が使用したい商標を特許庁で登録してもらうことを商標登録といいます。登録することにより「これは、私の登録商標です」と主張できます。また、その登録商標については他人が勝手に使用できなくなるので、独占的に使用することができます。

商標登録は、申請すれば全て登録されるわけではありません。特許庁において、登録できるかどうかの審査が行われます。審査の結果、商標登録の要件を満たしている場合に、登録が認められます。

【引用元】https://www.shouhyou.com/trademark.html

吉田里琴という元天才子役で有名になった吉川愛さんですが2016年4月に芸能界を引退、からの1年後の2017年に吉川愛さんとして復帰されてます

あれだけ子役で人気を博していた吉川愛さん、なぜ突然引退され、また復帰されたのか調べてみました!

Sponsored Link

吉川愛が芸能界を引退後また復帰した理由は?

吉川愛さんが引退した理由、それは「学業に専念すること」でした!

吉川愛が、20日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)に出演。引退していた間の生活を語った。

3歳のとき、吉田里琴という芸名でデビュー。子役として人気を博したが、2016年、学業に専念することを理由に芸能活動を引退した。だが翌17年から復帰し、現在の芸名で活動している。
 
【引用元】https://www.rbbtoday.com/article/2021/05/21/188858.html

引退をした頃は吉川愛さんが高校2年生の時みたいなので、学業優先ということは大学受験のため?だと思いました。

しかし復帰は1年後の高校3年生の時です。

引退してから1年の年数しか経っておらず、結果大学へも進学されていません。

ちなみに吉川愛さんが通われていた高校が気になったので調べてみると、日出高等学校の芸能コース出身とのことでした。

2019年からは日出高等学校ではなく、目黒日本大学高校という名前に変わってます。

日出高等学校といえば、数々の芸能人たちを輩出してきた有名校ですね!

その代表格が昭和の人気アイドル、山口百恵さんです!

その他にも上野樹里さん、新垣結衣さん、仲間由紀恵さんなどなど上げればきりがないくらい沢山の芸能人が卒業されてる学校のようです。

また、日出高等学校は学業と芸能活動の両立がしやすいことでも人気の学校で、芸能人からすればそこも魅力のあるところと言えますね。

 

実は学業優先というのは表向きであって、もしや事務所と何かトラブルでもあったのではないか?との噂もありますが、本当のところ不明です。

引退後の吉川愛さんはパン屋さんでアルバイトされてたようで、インタビューではそのことについて話されてます。

「人生で初めてバイトをしました。パンが好きって理由でパン屋さんで半年ほど働いていました。女優さんという仕事も大変なのはもちろん、休憩時間や待ち時間があるけど、パン屋さんだと休憩時間は1時間しかない。その間もずっと動いていなくてはいけないし、お客さんへの接客の仕方だったり、お金を稼ぐってこんなに大変なんだと改めて実感しました」と貴重な体験をしていたそう。

【引用元】https://www.oricon.co.jp/news/2094259/full/

しかし当時吉川愛さんがパン屋さんで働いていた時、たまたま芸能事務所「研音」のスタッフが来店し、スカウトをされたとのことです。

そのスカウトが吉川愛さんの芸能界復帰のきっかけになったそうです。

やはり吉川愛さんからは女優として何か光るものがあったからではないでしょうか。

もうこれは女優になる運命としか思えないですね!

スカウトされた吉川愛さんはまたお芝居がしたい、私にできる仕事は役者しかないと思い、新しく「吉川愛」として芸能界復帰を決断されたそうです。

復帰後も数多くのドラマ作品等で活躍されてます。

無事芸能界復帰をされた吉川愛さんですが、引退前の子役時代ではこの頃から演技がうまいと騒がれてました

Sponsored Link

吉川愛の子役時代の演技がうますぎた!

吉川愛さんの子役時代について、とにかく可愛い、美人、演技力がすごいと話題になってますね!

演技力が絶賛された証として、過去の子役出演した作品の数も半端じゃないです。

下記に記載してるのはごく一部の作品で、実際はもっと数多くの作品に出演されてます。

WOWOW drama 「対岸の彼女」 あかり役(2006.1.15)

CBC ドラマ30「みこん六姉妹」 寿美海(マリン)役(2006.10~11)

TX 「しにがみのバラッド。」 ダニエル役(2007.1~3)

CX 「花嫁とパパ」 愛子(幼少期)役(2007.4)

TBS 「山田太郎ものがたり」 山田五子役(2007.7~9)

TBS 「輪違屋糸里」 おいと役(2007.秋)

NTV 「オー!マイ・ガール!!」桜井 杏役(2008.10~12)

CX 「メイちゃんの執事」麻々原 みるく役(2009.1.13~)

【引用元】http://www.moon-the-child.com/profile/yoshida_riko.html

子役時代でこれほどの仕事をこなすとは、本当に大人顔負けです。

吉川愛さんとして復帰されてからさらに美人になり、また演技力にも磨きがかかってます!

今後女優としてどんどん進化、活躍されるのを楽しみにしてます♪

Sponsored Link

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。