天才ピアニスト竹内は理科の教師だった!働いていた高校はどこ?辞めたきっかけはお笑い?

女芸人No.1決定戦「THE W 2021」で決勝進出を果たし、一度見たら忘れられないネタとキャラクターで、大きなインパクトを残した天才ピアニスト

ネット上では「天才ピアニスト」がトレンドワード1位に急上昇しました。

そのネタ作りを担当されているのが、ツッコミの竹内知咲(たけうち ちさき)さんです。

相方である、ますみさんのキャラクターが目立ちますが、ネット上では「ツッコミが切れ者」とじわじわ話題になっている竹内さん。

実は、お笑いを始める前は高校で理科の先生をされていたそうなんです!

理科の先生になったきっかけや、どちらの高校にお勤めされていたのか、気になるところ。

そして、なぜ先生を辞めてお笑いの道に進んだのか。詳しく調べてみました!

Sponsored Link

天才ピアニスト竹内は理科の教師だった?

調べてみたところ、竹内さんは大学卒業後の1年間、高校で理科(生物)の非常勤講師をされていました。

ご両親がともに理科の教師だった事が影響しています。

高校卒業後、京都府立大学生命環境学部に入学され、在学中に高校理科教員免許を取得

京都府立大学生命環境学部の偏差値は57!

竹内さんは、大学時代の事をこのように語っています。

おいしいホウレンソウの栽培方法とか農業研究をしていて、お堅い環境にいました。

【引用元】https://news.yahoo.co.jp/articles/bb2f4d49aa0bfb0e59bbb0f0e824abb42eac8663

ご自身でも「お堅い」と言っているくらいですから、とても難しい研究をされていたんですね。

その後、実際に高校の理科の教師となりますが、どちらの高校に勤務されていたのでしょうか?

Sponsored Link

天才ピアニスト竹内が働いていた高校はどこ?

竹内さんが勤務されていた高校は、京都市立西京高等学校でした。

京都府京都市出身の竹内さんの母校でもあります。

京都市立西京高等学校は、偏差値70の京都内でもトップクラスの進学校です。

そこで、「理科の教員が空いたから、やらないか?」との誘いがあり、教師になったそうです。

母校でもあり、進学校に通う高校生に理科(生物)を教えていた竹内さん、かなりの秀才ですよね!

無事、ご両親と同じ理科の先生となった竹内さんですが、何がきっかけでお笑い芸人の道に進むことになったのでしょうか?

天才ピアニスト竹内が教師を辞めたきっかけはお笑い?

竹内さんが芸人を目指そうと思ったきっかけは、高校で理科の教師をしている時でした。

なかなか授業を生徒に聞いてもらえない。もっと耳を傾けてもらえるにはどうしたらいいかと悩んでいて、もしも芸人だったら生徒を惹きつけられる話ができるかもしれないと考えていて、それが根底にありました。

【引用】https://news.yahoo.co.jp/articles/bb2f4d49aa0bfb0e59bbb0f0e824abb42eac8663

教師もそうですが、しゃべるお仕事はもともと好きだったみたいです。

だからこそ、ご自身の伝え方に沢山悩まれたのかもしれませんね。

また、お笑いも大好きで、M-1グランプリのブラックマヨネーズさんのネタを見て、「体に稲妻が走った」と言っていました。

色々な事が重なり、ある日突然『NSC』の文字が降りてきます。

芸人を目指し、NSCに入る事をご両親に告げると、お母様は心配されていたようですが、一方でお父様は「オレには出来ん!すごい!」と大絶賛!

今ではしょっちゅう舞台を見に来られているそうです。

教師からお笑い芸人になろうと思った竹内さんも凄いですが、絶賛されたお父様の寛大さも素晴らしいですね。

その後、NSCでますみさんと出会い、2016年に『天才ピアニスト』を結成。

「THE W 2021」で爪痕を残した天才ピアニスト、今ではSNSで話題の、見逃せないコンビです!

Sponsored Link

 

まとめ

ご両親がきっかけで理科の先生になる夢を実現させた竹内さん。

さらに、お笑い芸人になって「自分が考えたことや創ったことをしゃべりたい」と言う夢も実現させました。

努力家で、目標に向かってどこまでも貪欲な竹内さんだからこそ、沢山の人にインパクトを残すネタが生み出せるのかもしれませんね。

天才ピアニストの勢いは止まりません!

Sponsored Link

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。