浜崎あゆみは出産してない?代理出産と噂される5つの証拠とは?

浜崎あゆみさんが2021年5月1日に会員制ブログに「家族が一人増えました」と報告しました。

2020年10月に妊娠報告をしていましたが、これを受けてネットでは「子供が産まれたの?」「ペットが増えただけ?」と出産について疑問を持つ声が多くあったんです。

一部では、妊娠出産がリアルに見えてこないとし「代理出産」ではないかと噂されています。

そこで今回は浜崎あゆみさんは本当は出産していないのか、代理出産と噂される証拠をご紹介していきたいと思います。

Sponsored Link

 

浜崎あゆみが出産したのは本当?

浜崎あゆみさんが出産報告とも思われるブログを更新しました。

内容は「この春、無事に大切な家族がひとり増えて新しい生活がスタートした。まだまだ慣れないことだらけだけど、前向きに、できるだけ笑顔で過ごすようにしてる!」と綴っていたようです。

しかし、出産した日や性別などは明らかにされていないため事実として受け止めていない方が多くいました。

「本当に妊娠していたのか、出産をしたのか。」と言われる理由は何なのか調べみました。

 

出産した病院は?

浜崎あゆみさんが出産をした病院はどこだったのでしょうか?

一部では「慶應義塾大学病院」だったのではないかと言われているようです。

大手メディアでも大学病院と報道があったので、可能性として十分ありますね。

都内にある最先端の医療技術を持つ大学病院。そこは、入院病棟が一般病棟と独立しているためプライバシーが確保できる上、高齢出産、特にハイリスク出産の経験が豊富だという。

そして政治家御用達であったりと、いわゆるセレブが通う産婦人科としても有名なようです。

浜崎あゆみさんは予定日を発表しているわけではないので、極秘に出産するにはプライバシーがしっかり守れる病院が良かったのだと思います。

Sponsored Link

 

浜崎あゆみが代理出産と噂される5つの証拠とは?

浜崎あゆみさんは子供2人を出産していますが「代理出産」ではないか?と噂がされているようです。

なぜ、そこまで言われてしまうのか。

調べてみるとそれには5つの証拠がありました。

 

1.妊娠中の時系列がおかしい

浜崎あゆみさんは妊娠中と思われる時に、ハードなスケジュールをこなしていました。

「妊娠中だというのにありえない」ということで、妊娠していなかったのでは?と思われているようです。

そこで第一子と第二子の妊娠時の活動をまとめてみました。

 

第一子の妊娠出産

第一子の妊娠がしたと思われるのが2019年1月です。

だとすれば出産時期は10月〜11月の間ぐらいになるにで、2019年の浜崎あゆみさんの活動は制限されるはずなのですが、コンサートをするなどこれまでと変わらない活動を続けていました。

妊娠3ヶ月頃→4月にデビュー21周年アニバーサリーライブ

妊娠5ヶ月〜7ヶ月頃→5月から8月に夏のツアー

産後1ヶ月頃→12月31日カウントダウンコンサート

 

出産時期から逆算すると、4月のコンサートは妊娠3ヶ月ごろでつわりのピーク、そして安定期に入るか入らないかぐらいなので妊娠中は一番気をつかう時期だと思いますが、この期間にコンサートを行っています。

そして、夏のツアーが行われたのが妊娠5ヶ月〜7ヶ月の間だと思われます。

安定期に入っているとはいえ体の変化はもちろん、体力的にも疲れやすくなってきます。

そんな時期にハイヒールを履いて歌ったり踊ったりとハードに動くことはあまり考えられません。

2019年の12月31日に産後1ヶ月ほどでカウントダウンコンサートを行っています。

 

第二子の妊娠出産

2020年10月に第二子妊娠を報告しています。

同年は活動が少ない年ではありましたが、12月24日にクリスマスイブのショーケースを生配信しています。

春に出産しているので予定日が3月4月前後だと考えると、クリスマス時点では妊娠6ヶ月から7ヶ月頃になりますね。

さらには2020年にもカウントダウンコンサートを予定していたそうですが、サポートメンバーがコロナ感染症に罹患したことで、浜崎あゆみさんは濃厚接触者になってしまいました。

妊娠中でさらにはコロナ禍ということもあり、意識が足りないと批判されています。

Sponsored Link

 

2.妊娠中なのにお腹が膨らんでいない

浜崎あゆみさんは妊娠中もSNSなどに写真をアップしていたり、コンサートに出ていたりと露出も多めでしたが、その際「お腹が膨らんでいない」ということで、世間から疑問の声が多くありました。

実際に当時の写真をご紹介していきたいと思います。

第一子の妊娠時

第一子を妊娠したのが2019年1月と言われています。

こちらは6月の投稿なので妊娠5ヶ月といったところでしょうか。

お腹の膨らみはこの頃から出てくると思うので、変化もあまり見られないですね。

こちらは8月の投稿で妊娠7ヶ月ごろになります。

お腹周りがゆるっとしている衣装なので分かりにくいですが、あまりお腹が出ているようには見えないですね。

こちらは週刊誌が2019年11月8日に撮った浜崎あゆみさんです。

ストールで分かりにくいですが、お腹のあたりが膨らんでいるようにも思えます。

11月に出産となればこの頃は臨月だったのでないでしょうか。

11月27日の投稿になります。

体にフィットした服を着ていてお腹がぺたんこですね。

11月に出産をしているにで、おそらく出産直後ではないかと思われます。

産後は多少なりともお腹の膨らみは残るのですが、浜崎あゆみさんは綺麗に体型が戻っているようです。

 

第二子の妊娠時

2人目妊娠時はお腹の膨らみ方が早かったりして、ある程度目立つと思います。

コロナ禍なので表舞台に登場する機会も減りましたが、妊娠時と思われる写真を見ていきたいと思います。

※第二子の出産日は「春に新しい家族が増えた」というだけで何月かも明らかにされていません。

こちらは11月28日の投稿になります。

6ヶ月から7ヶ月になっていると思うのですが、お腹が目立っている様子はありません。

2020年12月24日に行われたクリスマスショーケースの模様です。

おなか周りはキュッとなっている印象を受け、妊娠している体には見えませんね。

しかし、その翌日に撮られたも写真を見ると様子が変わっています。

横向きでお腹のふくらみが分かる一枚になっています。

前日の写真ではここまで膨らんでいるようには感じられませんでした。

ライブ中はもしかしたらある程度お腹の膨らみをカバーしていたのかもしれませんね。

恐らく妊娠7ヶ月ごろだとすると、このくらいお腹が膨らんでいるのは妥当だと考えます。

こちらは3月1日の投稿になります。

正面から撮られたようなので分かりにくいですが、3月または4月が出産予定であればこの頃はすでに臨月ということになってきます。

しかし、臨月のわりには明らかにお腹が出ていなさすぎですよね。

もしかしたらこの頃にはすでに出産を終えているのかもしれません。

 

第一子、第二子の妊娠時の写真を見てみましたが、「妊婦さん!」とはっきり分かるようなものは少なく感じましたね。

プロ意識の高い浜崎あゆみさんですから、明らかに妊娠しているような姿を見せることはしなっかたのではないでしょうか?

Sponsored Link

 

3.出産直後にコンサート

浜崎あゆみさんは第一子出産から1ヶ月ほどで年末のカウントダウンコンサートを行っています。

通常、帝王切開でなくとも産後1ヶ月は安静にしておくことが母体の回復には最適だとされています。

傷口の治癒までにはまだ長い時間がかかります。また、身体は子宮復古などが行われる産褥期(身体が妊娠前の状態に戻っていく時期)の状態でもあります。退院したからといって、すぐに無理はせず、家事などは周囲の協力を得るようにしましょう。できれば、1ヶ月検診までは安静に過ごすことをおすすめします。

引用:https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/93

しかし、1ヶ月後にはコンサートを行うという強行スケジュール。

それまでにリハーサルや練習も何回も行っているはずで、休む時間はそれほどなかったのではないかと思われます。

このことに関して浜崎あゆみさんは「産後すぐに働けるということの証明では決してありません」と、メッセージを出していました。

サポート体制が万全だからこそできたコンサートではあると思いますが、傷が治りきらないでコンサートを行っていたと思うと、驚きでいっぱいになります。

そして第二子出産後の2021年6月26日と27日にもライブを予定しています。

第一子出産時よりは産後の間隔が空いているとはいえ、子供2人を2年の間に出産してるということは体力や精神的にもだいぶ疲れが出ているはずです。

 

4.第一子帝王切開から1年経たずに妊娠

第二子の出産が2021年4月なら2020年8月~9月上旬に妊娠が分かっていたことになります。

第一子を2019年11月出産とすると、第二子妊娠までに9ヶ月〜10ヶ月ほどしか経過していないんです。

帝王切開の場合は最低でも1年は期間を空けるというのが一般的になります。

子宮の縫合部分が完全に回復していないと、妊娠して子宮が大きくなったときや分娩時に、傷口が開いてしまう危険性があります。ですから、次の妊娠までに子宮の傷が癒えるよう、だいたい1年くらいは空けることが望ましいとされているのです。

引用:https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/262#outline25

ましてや42歳という高齢出産でリスクが伴うはずですよね。

SNSでも「1年経ってないのに妊娠していいの?」「体の負担が大きすぎる」と疑問の声が多くありました。

しかし、高齢だからこそあまり期間を空けずに妊娠出産をした可能性もなくはありません。

ただし、高年出産の場合はさらなる加齢で妊娠がより困難となるため、空けすぎるのもよくありません

引用:https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/262#outline25

出産をした病院は最先端の医療技術を持ち、ハイリスク出産の経験も十分にあることから、医師と相談をして対策もしっかりとっていたのではないかと思います。

しかしながら、アーティストといえども過酷なスケジュールで妊娠出産をしたことで、体の負担は大きいはずです。

今は良くてもこの先に体調の変化がでてくる可能性もゼロではないですよね。

シングルマザーで子育てをしていくならなおさら、体には気遣ってほしいと思います。

Sponsored Link

 

5.子供とのツーショットが全くない

出産報告はあったものの子供の存在が全く感じられないと言われています。

浜崎あゆみさんは、自身の過去をドラマ化するなどプライベートや過去についても赤裸々に明かしてきています

それなのに、妊娠期間中のマタニティーフォトや子供とのツーショットは撮らないことに疑問や不信感があったようです。

そして第二子妊娠の報告はしっかりとしていたのに、出産は遠回しに「新しい家族が増えた」という少し濁した文面だったことにも違和感がありました。

子供といる姿を週刊誌に撮られたこともなく、定期検診に行ったり一般的な子育ての様子がまるっきり分からないことで、代理出産だけでなく「子供を本当に産んでいるの?」と子供の存在までも疑問に思う人もいるようです。

確かに、子供の顔は映さなくても手や足を写したり、子育てグッズなんかが置いてあるだけでリアル感は増しますよね。

 

以上が「代理出産」と噂されている証拠になります。

妊娠中や産後すぐにコンサートをしていたり、子供の存在が分かりにくかったりと代理出産と思われてしまうような内容も多かった気がします。

徹底して子供のことは晒さないようにしている可能性もありますが、ファンとしては母親の浜崎あゆみさんも見てみたいという気持ちになるのではないでしょうか?

 

浜崎あゆみの母が出産を証言!

浜崎あゆみさんの「代理出産」説を払拭するかのように、2020年1月に母親が出産は事実であることを話していました。

「そうですねー、でも今もう骨盤がダメです。体調がちょっと芳しくないんですけどね。自分が選んだことですからね。(骨盤が)緩んでいますから通院しております。おかげさまで皆さんに守られておりまして」

――世間で代理母出産などと言われています。

「もちろん本人ですよ(笑)」

――ご自身で育てられるということで。

「はい、もちろん。まあ、留守中は、そう(母親が面倒を見るということに)なりますけども。こんな楽しいことはございません」

引用:https://bunshun.jp/articles/-/39618

現在、浜崎あゆみさんと母親は一緒に暮らしているとのことで、赤ちゃんの面倒もみている様子。

孫が産まれて「楽しい」と喜びを表していました。

そして浜崎あゆみさんの知人と思われる方も「赤ちゃんはあゆにソックリですよ」とコメントしています。

 

世間には妊娠出産をあまり公にせず、一部の人たちだけでサポートするという徹底ぶり

このことが「代理出産」と噂されてしまう要因なのかなと思います。

中には「子供がいるかいないか都市伝説位のレベルでいい」そのほうが浜崎あゆみさんらしいと語るファンもいるほどです。

いずれにせよ、子供2人という宝物に恵まれてこれから育児に追われる日が続きます。

アーティストだけではなくママとして、家族がみんな素敵な日々が送れることを願いたいですね!

Sponsored Link

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です