岸井ゆきのの出身高校や大学は?中学時代は体操選手を目指してた?

岸井ゆきのの出身高校や大学は?中学時代は体操選手を目指してた?

ドラマや映画で大活躍中の女優岸井ゆきのさん。

2009年にドラマ「小公女セイラ」でデビュー後、2016年大河ドラマ「真田丸」や、2018年朝の連続テレビ小説「まんぷく」にも出演されており、観るものを引き付ける演技が話題の女優さんです。

今回は岸井ゆきのさんの学歴や、中学時代に器械体操を目指していた!?についてまとめてみました!

Sponsored Link

 

岸井ゆきのの出身高校は?

岸井ゆきのさんの出身高校は明確な情報ではないですが、神奈川県秦野市出身ということで秦野総合高等学校が有力と言われています。

秦野総合高等学校は偏差値が42で、バレーボールやソフトボールなど部活動が盛んな学校です。

岸井ゆきのさんは高校では部活に所属せず、夢を見つける3年間だったようです。

学校では何もやりたいことが見つからなかったので、夏休みの間に保育ボランティアに行ったり、高校1年生のときから専門学校の見学に行ったり、いつも夢を見つける旅をしていた感じです。

引用元:https://w-online.jp/archives/7042/3/

そんな岸井ゆきのさんは高校生の時に現在の所属事務所にスカウトされ、芸能界の道へと進みました。

高校を卒業する直前に電車の中でスカウトされて、そういう道もあるのか、と事務所に所属することを決めた私は、同い年どころか年下の子たちに比べても、スタートがずいぶんと遅く、さらに業界のことなんて何一つわからず、手探りで進んでいくしかなかった。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/462da0c61db393cd9e77410ebde5976ee3556aac

 

岸井ゆきのは大学に進学してる?

岸井ゆきのさんは大学には進学していません。

高校卒業間近の2009年に芸能事務所にスカウトされたことをきっかけに、女優の活動を始めました。

スカウトされてすぐに「小公女セイラ」への出演が決まったり、そのあとも多くの作品に出演されているので、学業との両立となると大変ということから大学へ進学しない選択をしたのだと思います!

Sponsored Link

岸井ゆきのは中学時代に体操選手を目指してた?

岸井ゆきのさんは小学1年生から中学3年生まで、体操選手を目指して器械体操を習っていました。

しかし、中学3年生の時にバク転を失敗したことをきっかけに辞めてしまったようです。

「小1から中3まで、器械体操の選手を目指して真剣に習いに行っていました。身長が低いほうが体操選手には有利で、練習も楽しかった。だけど、中3のとき練習中にバク転を失敗しちゃって。そこから怖くなって跳べなくなり、受験もあったので体操をやめてしまったんです」

引用元:https://www.excite.co.jp/news/article/Jprime_9950/

9年間も器械体操に取り組んでいたとなると、体操選手を目指していただけあって相当な実力を兼ね備えていたのかもしれないですね!

もし中学3年生でやめていなければ、違う場面で岸井ゆきのさんをみていたの可能性も!

ちなみに現在はキックボクシングを行っているそうです。

「今はキックボクシングをやっていますが、次は『カポエイラ』(ブラジルの格闘技)に挑戦してみたいです!」と言ったときの、キラキラした瞳といたずらっぽい表情が印象的だった。

引用元:https://www.saiseikai.or.jp/feature/konohito/yukino_kishii/

2022年12月16日からは映画「ケイコ 目を澄ませて」で主演を務めており、聴覚障害と向き合うボクサーの役を演じます。

趣味のキックボクシングを活かし、どのように演じてくれるのか今から楽しみですね!

いかがでしたでしょうか?

観る人を惹き込む岸井ゆきのさんの演技を、これからも多くの作品で見られることを楽しみにしています!

Sponsored Link

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です