柿澤勇人は元劇団四季でシンバ役を演じた?歌唱力やピアノの実力もヤバすぎる!

柿澤勇人は元劇団四季でシンバ役を演じた?歌唱力やピアノの実力もヤバすぎる!

2020年の朝ドラ「エール」にも出演されていた柿澤勇人さん。

ドラマの中で名曲「長崎の鐘」を歌い、その素晴らしい歌唱力で世間を感動させました。

実は、柿澤勇人さんは元劇団四季でシンバ役を演じていたり、歌唱力やピアノの実力もヤバすぎる!という噂もあります。

今回は噂の真相について調べましたのでご覧ください!

Sponsored Link

 

柿澤勇人は元劇団四季に所属

柿澤勇人さんは2007年~2009年に劇団四季に所属していました。

劇団四季への入団を目指したきっかけは、高校1年生の課外授業で、劇団四季のミュージカル『ライオンキング』を見たことだそうです。

オープニングで深く心を動かされ、「シンバの役を演じたい」と強く思ったそうです

もともとはプロのサッカー選手を目指すほどのサッカー少年だった柿澤勇人さん。

高校在学中は全国高等学校サッカー選手権大会に出ることを目標に練習をしており、ミュージカルの練習は一切しなかったそうです。

柿澤勇人の出身高校や大学は?学生時代にプロサッカー選手を目指してた?

柿澤勇人の出身高校や大学は?学生時代にプロサッカー選手を目指してた?

2022.09.17

高校卒業後、家族の猛反対もあり、劇団四季への道は厳しいものでした。

祖父、曽祖父ともに人間国宝であり、芸の厳しさを知っているからでしょう。

柿澤勇人の家族がスゴイ!父や母も演劇人?祖父が人間国宝で兄の結婚相手がフィギュア村主選手!

2022.03.18

しかし柿澤勇人さんの決意は固く、大学に通いながら練習に励みました。

努力が実り、倍率100倍以上の難関をみごとに突破して、2007年には劇団四季の研究所に入所しました。

3年間、劇団四季で主演なども務めましたが、『春のめざめ』の主演を演じたことをターニングポイントに、2009劇団四季を退団しました。

劇団四季とは違う、また別の手法の演劇を学び、世界を広げたったそうです。

とても前向きな理由が柿澤勇人さんらしいですね。

柿澤勇人は劇団四季でシンバ役を演じた?

2008年には、柿澤勇人さんは念願の『ライオンキング』シンバ役を演じました。

柿澤勇人さんは劇団四季に入団して1年がたった頃、一人でこっそりと『ライオンキング』の練習をしていたそうです。

演出家に声をかけられ、実技を披露したところ、「いけるな!明日出ろ!」と言われ、本当に翌日シンバ役で舞台に立ちました。

チャンスを逃さなかた柿澤勇人さんは素晴らしいですね

しかし、十分な演技をできず、その日限りで降板となったそうです。

劇団四季では、突然シンバ役を与え、できが悪く一日で降板ということはよくあるそう。

そこから這い上がらせるような厳しい育て方をしているようです。

柿澤勇人さんもより一層努力をされたことでしょう。

Sponsored Link

柿澤勇人の歌唱力が凄すぎる!

シンバ役を降板した翌年の2009年、ターニングポイントとなる『春のめざめ』で主役「メルヒオール」を務め、すばらしい歌唱力を披露しました。

劇団四季を退団後も、数多くのミュージカルで主演を務めています。

数多くのュージカルで主演を務めることができるのは、演技力はもちろん歌唱力も認められている証拠だと思います。

2020年に放送されたNHKの朝ドラ『エール』は「長崎の鐘」を披露し、その素晴らしい歌唱力が話題となりました。

柿澤勇人さんの素晴らしい歌唱力を世間に広めるきっかけとなったのではないでしょうか。

実際に柿澤勇人さんの歌っている姿が気になる方もいると思うので、柿澤勇人さんが主演を務めた『春のめざめ』のPR動画をご覧ください。

5:33から柿澤勇人さんのパートです。

実際にミュージカルやドラマなどを観た方からは称賛されていました!

柿澤勇人はピアノもうまい!

柿澤勇人さん、なんとピアノも演奏できるそうです!

こちらの動画は柿澤勇人さん主演の舞台『スリル・ミー』のピアノ演奏の練習風景です。

プロ並みにうまくてビックリ!

幼少期からピアノを習っていたそうで、特技にピアノをあげられています。

2020年放送のドラマ「トップナイフ-天才脳外科医の条件-」では、天才ピアニスト役を演じました。

ドラマの公式がピアノシーンを配信しています。

ピアノも上手で、美しくてうっとりですね。

柿澤勇人さんは多くの作品で歌やピアノを披露されています。

それだけ才能があり、多くの人を魅了しているのでしょうね。

もっと観たい方は。今までの出演作品をチェックしてみてください!

今回は「柿澤勇人は元劇団四季でシンバ役を演じた?歌唱力やピアノの実力もヤバすぎる!」

について調べました。

柿澤勇人さんは努力して、現在の実力をつけられたことが分かりました。

これからのご活躍がますます楽しみです!

Sponsored Link

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。