日焼け止めが期限切れでも使い道はある?捨てる時の注意点は?

日差しが強くなりはじめ、そろそろ日焼け止めを使用する人も増えてきているのではないでしょうか?

そんな中で、「あれ?これは数年前に買った日焼け止め」「変色してて明らかに期限切れ」なんて経験はありませんか?

さらに「使うには心配だけど捨てるのはもったいないくらい残っている」「日焼け止めってそのまま捨てて大丈夫なの?」といった様々な心配や疑問が浮かんでくると思います。

そこで今回は期限が切れてしまった日焼け止めの別の使い道と捨てる時の注意点をご紹介していきたいと思います。

Sponsored Link

日焼け止めの使用期限はどれくらい?

日焼け止めには法律で定められた使用期限は特にありません。

ですが、日焼け止めには紫外線防腐剤という成分が配合されています。

これは乳液などにも含まれている成分と同じ。

乳液の使用期限は未開封で3年以内、開封後は1年以内と言われていますので、日焼け止めも同じ基準となります。

これらは雑菌処理のための防腐剤が配合されている商品の基準でとなりますので、オーガニックや無添加といった肌に優しい商品の場合は未開封で1年、開封後で半年と期限はさらに短くなります。

期限が切れてしまった日焼け止めを使用してしまうと肌に赤みやかぶれ、かゆみといった肌トラブルが起こる可能性があります。

日焼け止めの様子が購入した時と明らかに違ったり、いつ購入したものかわからない場合は使用するのを止めましょう。

また、開封後1年以内の使用期限なので、小さめのサイズを購入したりとワンシーズンで使い切れるように購入することがポイントです!

Sponsored Link

期限切れの日焼け止めには別の使い道があった⁉︎

「日焼け止めの期限が切れてしまったけど、捨てるにはもったいないくらい余ってる」なんて経験はありませんか?

実は期限が切れてしまった日焼け止めには捨てる以外に別の使い道があるんです!

シルバー製品の汚れ磨き

ティッシュやコットンに期限切れの日焼け止めを出し、日焼け止めに含まれる油分を利用してシルバー製品の汚れが気になる部分やツヤを出したい部分を磨いていきます。

しっかり乾拭きをして、ヌメリが気になる場合は水で流します。

汚れ落とし専用の商品に比べたらだいぶ質は落ちるかもしれませんが、捨てられるものを再利用しているのでエコにもなります♪

ハサミのベタつき落とし

はさみも長年使っているとベタつきや切れ味がだいぶ気になってきますよね。

そんな問題も期限切れの日焼け止めによって解決できるかもしれません。

まず、はさみの刃の部分に日焼け止めを全体的によく塗り、その状態ではさみを数回開閉します。

その後ティッシュで拭き取るだけ!

日焼け止めに含まれている油分によってはさみの刃に付着しているテープなどの粘着剤や油汚れなどを浮かして落とすことでベタつきが落ちたり、はさみの切れ味も戻ってきます。

シールやステッカーをキレイに剥がす

食器などについた値札がうまく剥がせなかったり、子供のイタズラで思わぬところがシールだらけに…なんてことはありませんか?

そんな問題も日焼け止めでキレイに剥がせる可能性が!

まず、剥がしたいシールやステッカーに日焼け止めを多めに塗り、そのまましばらく放置。(だいたい20分前後)

その後ティッシュで拭き取るだけです!

吸盤の吸着力が回復?

吸盤は長い使用していると吸着力が落ち、いつの間にかポロっと落ちていたりしますよね。

そんな吸盤の吸着力を回復させてくれるのが日焼け止めです。

まず、吸盤を貼りたい部分に日焼け止めを塗ります。

この時注意するのが、壁紙などの場合は日焼け止めを塗ると壁紙に染み込んでシミになってしまう可能性があります。

目立つところでの使用は避けた方がいいかもしれません。

日焼け止めを塗ったらティッシュで拭き取って完了。

日焼け止めが吸盤の汚れを取ってくれるため、吸着力が回復するというわけです。

期限切れの日焼け止めで様々な使い道があると思うと捨てるのはもったいない!

専門的な商品と比べると効果は落ちるかもしれませんが、いざというときに役立つ万能品になるかもしれません。

いろいろなことに再利用してみましょう♪

日焼け止めの捨て方は?

不必要になった日焼け止めの処分の仕方をご紹介します。

クリームやジェル、乳液、オイルタイプ

新聞紙やキッチンペーパーなどの液体を十分に吸収できるものを準備し、中身を全て出し切ります。

吸い取ることができたら袋に入れ、口をしっかり結びそのまま可燃ゴミとして処分します。

容器あh表示されているマークに従って処分してください。

スプレータイプ

必ず屋外で風通しがよく、火の気がない場所で作業を行なってください。

まずは残っている中身がなくなるまで新聞紙など吸収力があるものに噴射します。

缶を振って中身がなくなったことが確認できたら、中身は可燃ゴミとして処分し、缶は自治体の捨て方に従ってください。

ガス抜きキャップがついているものに場合は表示を確認してみてくださいね。

まとめ

期限が切れてしまて捨てるだけになってしまった日焼け止めに、再利用できる使い方があるということが驚きですよね!

エコが注目されている中、無駄なく日焼け止めを使用するために期限には注意しながら安全に使用していきましょう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。