【夏バテ対策】エアコンが原因の現代版夏バテ『冷房病』ってナニ?

【夏バテ対策】エアコンが原因の現代版夏バテ『冷房病』ってナニ?

もうすぐやってくる夏!

海、お祭り、花火大会などたくさんのイベントがあって、毎年楽しみにされてる方は多いのではないでしょうか?

しかし年々、気温が上がっているのも事実。

その暑さを乗り切るために必須なのがエアコン!

昔は扇風機だけで済んでいたはずが、今じゃエアコンがないと危ないくらい暑くなってきています。

しかし、そのエアコンが夏バテの原因になっているということがわかりました!

その対策と、エアコンの正しい使い方を調査してきたので、さっそく紹介していきたいと思います!

では、夏バテの原因について詳しく迫ってみましょう!

夏バテの原因がエアコン!?冷房病ってナニ?

夏バテの原因で圧倒的に多いのがエアコンです!

暑い外から、エアコンがガンガン効いた室内に入った時は涼しいと感じると思います。

しかし長時間いるとだんだん寒くなってきたなぁ~と感じたことはありませんか?

温度差が激しい室内外の出入りを繰り返すと体調が悪くなる人も多いと思います。

それは体温調節が正しくおこなわれず、自律神経の働きが低下したり、血流が悪くなることで体調不良がおこるとのことです。

そこから体のだるさや胃腸の不調、睡眠不足などの症状に繋がります。

これを冷房病、またはクーラー病といい、これが夏バテの正体だと言われているそうです!

夏バテといえば暑すぎてバテる、とそのままのイメージがありましたが、現代では意味が変わってきてますね。

では、その夏バテを防ぐエアコンの正しい使い方を調べてみました。

夏バテ対策の正しいエアコンの使い方は?

夏バテを防ぐための正しいエアコンの使い方、それは温度を下げすぎないこと!

人間が対応できる温度差が約5度以内とされており、外と中の気温差が5度以内に温度設定するのがいいそうです。

それでは具体的な室内の温度はどれくらいがいいのでしょうか?

ずばり28度!!

個人差があると思うのでエアコンの温度は26~28度くらいに設定しましょう。

また空気を循環させるために、扇風機やサーキュレーター、ファンを併用するといいですよ!

寝る前は体温が下がるので、温度をこれ以上下げずに数度高めに設定してオフタイマーをセット。

そして体に直接風が当たらないように、風向きを上向きに変えるといいです。

しかし、場所や環境によっては自分でエアコンの設定ができないところもあると思います。

そういった場合は無理に我慢せず、何か上から羽織ったり、エアコンの風から離れたり、または当たらないようにするなどしましょう。

以上、正しくエアコンを活用し、夏バテにならないよう自分の体を守りましょうね!

またエアコンだけでなく、睡眠と食事にも目を向けていきましょう。

夏バテをやわらげる睡眠と食事のポイントは?

夏バテをやわらげるためには、しっかりとした睡眠、しっかりとした食事をとることです!

ぐっすり寝るためには、軽い運動をおこない、お風呂はシャワーだけでなく湯舟に浸かって体を温めることが大事です。

運動は夕飯前後の時間がいいといわれています。

夜遅い時間まで夜更かししたり、ダラダラと昼まで寝たりせず、朝にしっかり起きて夜は寝るという規則正しい睡眠を心がけましょう。

また食事は食欲がなくても1日3食、必ずとりましょう。

気持ち悪かったり、食べる気力がなくても、消化にいいものを少ない量でとるよう意識してください。

それから暑い夏には甘いものや冷たいものが欲しくなる季節!

それらを食べ過ぎてしまうと胃腸に負担がかかり、結果的に夏バテに繋がってしまいます。

なるべく甘いものや冷たいものはほどほどにして、タンパク質、ビタミンB1、ミネラルを積極的にとるようにしましょう。

タンパク質は肉や魚、卵、大豆製品から。

ビタミンB1、ミネラルはトマト、エダマメ、モロヘイヤ、ゴーヤ、パプリカなどの旬の夏野菜から。

まずは普段の食事から摂取することを心がけ、必要に応じてサプリメントから摂るようにしましょう。

年々気温が上昇する中、エアコンが必要不可欠なものになりましたね。

しかし上手に活用しないと夏バテを引き起こす道具にもなりかねません。

自分の体調やそのときの環境でエアコンを使いこなし、それに加えて軽い運動と適度な睡眠としっかりとした食事をとるよう努めてくださいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。