夏の水分補給量の目安はどれくらい?飲み物は何がいいの?

夏の心配事の一つと言えば、熱中症!

毎年記録的な暑さで、またマスク生活を余儀なくされていることから熱中症に係る人が増えています。

効果的な水分補給を行って、熱中症にならないよう健康的に夏を乗り切りたいですよね。

そこで夏の水分補給量はどれくらいの目安で補えばいいのか、適した飲み物も含めてご紹介していきます!

Sponsored Link

夏の水分補給量の目安はどのくらい?

熱中症対策としてまず思いつくのは水分補給ですよね。

夏は、仮にエアコンが効いている涼しい部屋にいたとしても、意識的に水分補給を行う必要があります。

体格の個人差はありますが、成人した大人は1日に1.2ℓ~2.0ℓの水分を補給することが、熱中症対策に効果的と言われています!

普段からよく水分を取る習慣のある人にとっては、それほど難しいことではありませんが、あまり水分を取らない人にとっては、少し大変なことかもしれませんね。

この必要な水分摂取量をクリアするには、いくつかコツがあります!

のどが渇く前に飲む

夏場に、「のどが渇いたな」と感じたときにはもうすでに体内の水分が足りなくなっている証拠!

のどが渇いたと感じる前にコップ1杯の水分を取るようにしましょう!

生活のあらゆる場面でこまめに

朝起きたらコップ1杯、出発前にコップ1杯、仕事中に、食事中に、お風呂前に、お風呂後に、寝る前に・・・・・等、生活のあらゆる場面でコップ1杯の水分を摂取することを意識してみましょう。

一気に1.2ℓを思い浮かべるより、このようにこまめに摂取する方が簡単に摂取できますよ♪

Sponsored Link

夏に水分補給する飲み物は何がいいの?

夏の水分補給の目的は、体内の水分を維持するほかに汗で失った塩分を補給すること、そして体温を保つことがあります。

この3つの目的を達成することのできる、効率的な飲み物をご紹介します♪

ポカリスエット、アクエリアスなどのスポーツドリンク

これらのスポーツドリンクは、体内で体に浸透しやすいように体液とにたような成分になるよう、調整された飲み物です。

この中には塩分も糖分も含まれていて、すばやく体に浸透するため、朝や運動前、運動後などの水分補給にぴったりです♪

屋内でのデスクワークの方などはスポーツドリンクの他、水を飲むことをおすすめします。

なぜなら、涼しい環境であまり汗をかかないのに塩分や糖分を補給しすぎてしまう可能性があるから!

水は体への吸収率も良く、飲みやすいためこまめに飲むように意識しましょう!

ノンカフェインのお茶

夏と言えば麦茶!

麦茶はノンカフェインであるにも関わらず、ミネラルが豊富に含まれていて体温を下げる効果があります。

ノンカフェインのため小さなお子様から高齢者まで、安心して飲むことができます。

麦茶のほかにもルイボスティーやコーン茶などのお茶もオススメです♪

Sponsored Link

水分の摂り過ぎにも注意が必要!

意識してたくさん水分を取ることには、いくつかの注意点があるのです。

水中毒

水中毒とは、たくさんの水を飲むことにより体内の塩分濃度が薄くなってしまう、低ナトリウム血症という状態に陥ることを言います。

代表的な症状はめまいや頭痛、吐き気、下痢や頻尿などがあります。

水中毒にならないためにも、水分補給だけでなく塩分を補給することも忘れないようにすることが大切ですね。

頻尿・多尿

水分をたくさん摂取すれば、トイレに行く回数も増えると思います。

水分を摂る→トイレ という行動が知らず知らずのうちにルーティーン化してしまうことで、体に水分が十分に吸収される前に尿として排出してしまします。

その結果、せっかく水分を補給しても脱水症状を引き起こしかねないのです。

まとめ

ただ水分補給をするのではなく、効果的にそして健康的に水分補給を行うことが大切ですね!

今年の夏はマイボトルを持ってこまめな水分補給を心がけ、体にも環境にも優しい夏を過ごしましょう♪

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。