ペットにマイクロチップをつけるメリットやデメリットは?体に影響はないの?

ペットにマイクロチップをつけるメリットやデメリットは?体に影響はないの?

2022年6月1日から、ペットにマイクロチップを装着することが義務付けられます。

マイクロチップをつけることによって、愛犬・愛猫にもしも影響が出てしまったら…と装着を躊躇う方もいらっしゃると思います。

マイクロチップを付けるメリットとデメリット、そして皆さんが心配するペットの身体への影響についてまとめてみました!

Sponsored Link

ペットにマイクロチップをつけるメリットは?

ペットの体に埋め込むマイクロチップには大きく二つの情報【ペットの情報】【飼い主の情報】が登録されます。

この情報を登録し、マイクロチップをつける最大のメリットを一言でいうと

「自分が飼い主だという証明ができる」ということになります。

この飼い主であることの証明は、災害時やペットの脱走、盗難にあった場合に登録した情報を読み取ることで、元の飼い主の元へ戻ってくる可能性が大幅にUPします。

飼い主の情報をデータベースに登録し明らかにすることで、飼育の途中でペットを遺棄を防止することも目的とされています。

このようにマイクロチップは個人的社会的どちらにおいてもメリットがあることがわかりました!

Sponsored Link

ペットにマイクロチップを付けるデメリットは?

ではデメリットはどうでしょうか?

こちらは大きく3つあげることができます。

装着の際は少し痛い

我が家の愛犬は注射がとにかく大嫌い!毎年の予防接種は大騒ぎしてしまいます。

このマイクロチップを装着するには、専用の針を刺して装着しなければなりません。

小さいものではありますが体に針を刺して異物を入れるわけですから、痛みに敏感なワンちゃん・ネコちゃんにとっては少しばかり我慢することになるでしょう。

動物病院によっては痛みに敏感な子は必要に応じて局部麻酔などで対応してくれます。

情報は簡単に読み取ることができない

登録した情報は専用の読み取り機械を用いることで読み取ることができます。

マイクロチップの装着は義務化されますが、飼い主がこの読み取り機械を持つわけではありません。

災害時や緊急時など、まずはこの機械をもつ方がいることが前提となるため、あらかじめどこで読み取ることができるのかを知っておく必要があるかもしれません。

また、マイクロチップを装着したとしても首輪などに迷子札を付けておくと安心です。

MRICT画像が歪むかもしれない

ペットも人間と同じようにMRICTを使って病気の根源を見つけることができます。

マイクロチップを埋め込んだ子はマイクチップ周辺の画像に多少の歪みが出てしまう可能性があります。

MRICTの検査は何かしら病気の症状が出てからや、手術をする前などに撮影を行います。

多少の歪みの可能性はありますが、撮影ができないというものではないため、この可能性を知っておくだけでそれほど大きな問題にはならないでしょう。

Sponsored Link

ペットにマイクロチップを埋め込むのは体に影響はないの?

飼い主として最も心配なことは装着による体への影響ですよね。

日本獣医師会の研究によると、今のところ体への影響はないと報告されています。

マイクロチップは個人情報が登録された金属が、特殊な強化プラスチックの中にはいっているカプセルのようなものです。

この特殊なプラスチックの中に入っていることで、炎症症状等も出ないようになっているのです。

まとめ

装着の際に多少の痛みを伴うこと以外は、飼い主に直接的に大きな影響を与えるデメリットはなかったように感じます。その痛みも少し大きな注射程度の痛みです。

結果として、多少のデメリットはあるものの安心して装着できるのではないでしょうか?

心配なことや疑問などはかかりつけの獣医さんに相談し、不安を取り除いてくださいね。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。