パスポートのオンライン申請はいつからできる?新規発行や更新も可能なの?

パスポートのオンライン申請はいつからできる?新規発行や更新も可能なの?

パスポートの取得といえば手続きがとても複雑で時間も手間もかかるものですが

2022年度中にオンライン申請が可能になるという閣議決定がされました。

いつから利用できるのか、パスポートの更新にも対応するのかについてまとめてみました。

Sponsored Link

パスポートのオンライン申請はいつからできる?

できるだけ早く利用したいものですが、2022年4月現在では今のところ具合的な日時の発表はされていないようです。

今回のオンライン申請の実現は2017年に策定された「デジタル・ガバメント推進方針」に基づいて進められているものです。

オンライン申請を可能にするためにはたくさんの決まりを改正していく必要があるため、どうしても段階的になってしまうようです。

パスポートの新規発行や更新もオンラインで可能なの?

もちろん新規発行についても可能です。

ただし、パスポートの受け取りについては本人確認の必要があるため、直接パスポートセンターへ行く必要があります。

切替申請(更新)の場合に限っては、一度も出向かなくても可能になりそうです。

ただし、査証欄がいっぱいになってしまっている場合については、これまではページを増やすことができましたが(査証欄増補)、こちらは制度自体が廃止になるようです。

1冊にできるだけ多く、旅の思い出を残しておきたい人には少し残念な変更になりそうです。

Sponsored Link

パスポートのオンライン申請の費用ややり方は?

オンライン申請で最も重要となる本人確認の方法はマイナンバーカードや顔認証の技術などが用いられることになりそうです。

マイナンバーカードの作成時にはスマートフォンのカメラで撮影した画像を利用できましたが、パスポートも同じ方法がとられるのかもしれませんね。

手数料についてもクレジットカード決済などが利用できることになりそうです。

これまでは窓口で現金のみ、収入印紙を購入して貼り付けてと、不便でしたのでこれはとてもありがたい変更点!

金額については詳細がまだわかっていませんが、パスポートセンターへ直接出向く回数は確実に減りますので、かなり気軽に申請ができそうです。

申請の際の必要書類については2023年から少しずつ整備が進み、2024年度から提出が省略できるように検討されるということです。

現時点でのパスポートの申請について、少しでも手間を減らせる方法がないかと思い調べてみました。オンライン申請がはじまるまでの手続きの参考にしてみてください。

現時点での申請方法

パスポート新規取得の手順は一般的に以下の通りです。

  1. 申請用紙(一般旅券発給申請書)を手に入れる
  2. 必要事項を記入する
  3. 必要書類、写真などをそろえる
  4. パスポートセンターへ用紙を提出する
  5. 指定された期日の間に受け取りに行く

です。

申請用紙は自宅に

  • PDFファイルが閲覧できるPC
  • 解像度400dpi以上のプリンター

がある方は外務省のパスポート申請書ダウンロードサイトを利用するのがとても便利です!

申請用紙の記入って間違えないようにと、緊張してしまって結構ストレスですよね。

その点、こちらのダウンロードサイトを画面の案内に従って入力すれば後は印刷するだけ!

(印刷するときの調整は少し必要でしたが)本当に楽でした。

オンライン申請がはじまるまでにパスポートの取得や切替申請(更新)など手続きが必要になった方は

ぜひ利用してみてください!

パスポートを紛失・盗難・焼失したときは、別に証明書類などが必要になりますので外務省のHPを参照いただくか、各都道府県のパスポートセンターへお問合せください。

ダウンロードサイトにも記載がありますが、このファイルをメールで送付しても手続きができるわけではありません。

あくまでも申請用紙の入手と記入の手間を省くためのものです。申請には用紙と必要書類などの提出が必要ですので、くれぐれもご注意くださいね。

まとめ

一度取得すれば5年か10年は必要のない手続きですが、とても面倒くさく感じてしまってうっかり期限切れなんてことが多いパスポート。

大変便利なオンライン申請は申請する人のためだけではなく、事務手続きの簡略化も大きく期待されています。開始されるのがとても楽しみですね。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。