部屋が湿気でカビ臭い原因!意外なところにも?対処法も解説!

部屋が湿気でカビ臭い原因は意外なところにも?対処法も解説!

梅雨の時期や湿気が多い日などは、お部屋がなんとなくカビ臭いなと思う時がありますよね?

水回りにできるイメージがあるカビですが、実はよく見ていただくと、お部屋のいろいろな箇所にカビが生えやすい場所があります。

今回はお部屋のカビの臭い対策、カビの臭いをなくす対処法を解説していきたいと思います。

Sponsored Link

部屋がカビ臭い?その原因とは?

カビは洗面所、浴室、トイレ、キッチンなど水まわりで増えるイメージがあります。

ですが実はお部屋のいたる所に発生する原因があるんです!

カビが生える原因

カビが生えてします原因はほこりなどの汚れや温度・湿度になります。

カビが好む環境と言われているのが、温度が20~35℃・湿気は80%ほど。

他にもほこりなどの汚れが原因でカビが発生してしまします。

原因:温度

カビは5~45で繁殖します。

カビは高い温度を好むため、カビが繁殖する温度は20~35前後と言われています。

原因:湿度

カビが繁殖するためには水分が必要になります。

湿度が60%を超えるとカビの活動がはじめ、80%を超えると活発に繁殖するようになります。

雨季や夏にカビが生えるのは湿度が高いためと思われます。

こんな場所にもカビが?

カビといえばトイレやお風呂の水まわり、窓のサッシなど水分が含まれやすい場所に発生するイメージですよね?

実は意外な場所でもカビが増殖しているんです。

エアコン

エアコンなど内部に水が溜まる空調家電などは、内部がジメジメしやすくカビが発生します。

フィルターにもほこりが溜まりやすいので、定期的なメンテナンスが必要です!

ソファやカーペット

ソファやカーペットなどの布製品は汗や皮脂によって湿気、汚れがたまりやすくなっています。

常にカビが生えやすくなっているので、特に暑い夏場には注意しましょう。

クローゼットや押し入れ

クローゼットや押し入れは長期間締め切られていて、ほこりがたまりやすくなっています。

洋服や布団などが含む湿気で知らずのうちにカビが生えています。

収納物にカビがうつる事もあるので要注意を。

カビによる影響

カビが生えることで人体にも影響がでてきます。

アスペルギルス症

アスペルギルス症は肺の感染症です。

肺や副鼻腔内に、菌糸、血液のかたまり、白血球が絡まった球状のかたまりが形成されます。

症状が出ない人もいますが、せきに血が混じったり、発熱、胸痛、呼吸困難が生じる人もいます。

カンジタ症

気管支カンジタ症、カンジタ性髄膜炎、尿路感染症などをひきおこします。

これらの症状はほんの一部です。

お子さんやペットがいらっしゃる方は特に気を付けなければいけません。

Sponsored Link

部屋のカビ臭さをなくす対処法とは?

ではカビ臭さをなくす方法をご紹介していきます。

対処法:換気

カビ臭に限らずですが、換気は徹底して行いましょう。

窓を2ヶ所開け空気の通り道をつくります。

また住宅に設置されている24時間換気システムを利用することもオススメ!

対処法:熱湯をかける

カビは熱に弱いことが証明されています。

そのため熱湯を使ってカビを死滅させるという方法もあります。

約60の熱湯をかけてカビを根元から対処するやり方です。

対処法:アルコールをかける

アルコールをカビに直接かけることで死滅させる方法があります。

人体にも影響が少なく、アルコールをかけても素材が傷みにくいということからアルコールでのカビ除去は有効だと言えます。

アルコールを雑巾やティッシュにかけて使用しましょう。

対処法:消臭剤を使う

いろいろな方法もありますが、消臭剤を使用する方法も良いでしょう。

消臭剤はその名の通り消臭に特化した製品ですのでカビの臭いだけじゃなく、お部屋の気になる臭いを除去して快適なお部屋の空気環境に整えてくれます。

まとめ

今回はお部屋のカビの臭いの原因、カビ臭さをなくす原因をご紹介いたしました。

お部屋がカビ臭くなる原因は梅雨時期や夏場、高温度、高湿度の環境がカビの繁殖につながる原因となっています。

こまめな換気やお掃除で毎日を快適に過ごしましょう♪

Sponsored Link

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。