乳児には日焼け止めをいつから使うべき?塗り方とコツが知りたい!

最近一気に暖かさが増して、過ごしやすい日が続いています。そんな日は外にお出かけしたくなりますよね。

ですが、そこで気になるのが紫外線。小さいお子さんを持つお母さんは、特に気になるのではないでしょうか。

産まれてきて間もない我が子。「ふわふわの赤ちゃんの肌に、果たして日焼け止めを塗って良いものなのか。」

でも紫外線は肌に良くないと聞くし、、、。

どうしたら良いか分からないお母さん必見!乳児への日焼け止めの使い方についてご説明します。

Sponsored Link

乳児に日焼け止めはいつから使っていいの?

赤ちゃんの皮膚は、なんと大人の3分の1ほどの薄さしかありません。

大人と比べると水分量も少なく敏感にできており、紫外線によるダメージも非常に受けやすいです。

このことから、実は新生児期から日焼け止めは使用しても良いとされています。

ただし、新生児期は特に肌が敏感な時期ですので、日焼け止めの成分に反応して肌荒れを起こしてしまうことがあります。

このため新生児期に関しては、極力塗らないようにするのがベターです。

できれば日焼け止めを使用するのは生後三か月頃からにすると良いでしょう。

それまでは長時間の外出は控えめに。

短時間の外出の場合は日焼け止めを塗らず、赤ちゃんに帽子をかぶせたり、日傘をさしたりして日光が直接あたらない様に注意してください。

Sponsored Link

乳児に日焼け止めを使うときの塗り方とコツは?

赤ちゃんや子どもの日焼けを予防するには、塗る量と塗り直しが大切です。

赤ちゃんに日焼け止めを塗るときのポイントをご紹介します!

日焼け止めを塗る前の保湿

前述したように、赤ちゃんのお肌はとっても敏感です。日焼け止めの成分が、肌がデリケートな赤ちゃんの負担になったり乾燥を招いたりしてしまうこともあります。

まずは、ローションやクリームなどでしっかりと保湿をしてあげましょう。

顔は五点置きでまんべんなく塗る

おでこ、両頬、鼻、あごの5点に日焼け止めを置いて、まんべんなく伸ばしていきます。

塗りムラを防ぐために、2回この工程を繰り返すのがおすすめ。十分な量を顔全体に塗り広げるようにしましょう。

体も点置きして伸ばしながら塗る

腕と足の内側と外側の数カ所に日焼け止めを点置きし、ゆっくりとくるくる伸ばしていきます。この時に、赤ちゃんの肌をゴシゴシとこすってしまうと、デリケートな赤ちゃんの肌にダメージになってしまう可能性があるので注意しましょう。

耳や首の後ろなどの細かい部分も忘れずに塗るようにしましょうね。

二時間置きに塗りなおす

日焼け止めは、皮脂や汗などでどうしても落ちてしまいます。

だいたい2時間おきくらいに塗りなおすようにしましょう。

落とすことも忘れずに

お風呂の時間には、洗浄料でしっかり日焼け止めを落としましょう。日焼け止めが肌に残ってしまうと、肌トラブルの原因になります。

日焼け止めの落とし方は種類によって異なります。ので、お使いの日焼け止めの説明書きはよく読んで落とすようにしてくださいね。

乳児につかう日焼け止めを選ぶときのポイントは?

赤ちゃんのお肌はとってもデリケート。肌に優しい日焼け止めを選んで大切な赤ちゃんの肌を守りましょう。

ノンケミカルを選ぶ

紫外線を防ぐ効果が高いとされる「紫外線吸収剤」ですが、肌への刺激が強くなることもあるためノンケミカル(=紫外線吸収剤が入っていない)ものを選ぶようにしましょう。

ただし、ノンケミカルとうたっているものにもその他の化学成分が配合されていることがあるので気になる方は注意しましょう。

SPFPA値の高いものは避ける

そもそも、SPFPAとは何のことでしょう。

SPFは紫外線を浴びたあとの肌の炎症(赤くなる)を防ぐことのできる時間、PAは肌が黒くなることを防ぐ指標を示しています。

これらの数値が高いほど日焼け防止に効果がありますが、「紫外線吸収剤」などの有害な成分が多く含まれていることがあります。

赤ちゃんの日焼け止めを選ぶ際には、SPFPA値が低いものを選びましょう。

数値が低いものを選び、こまめに塗りなおしてあげることが大切です。

簡単に落とせるものを選ぶ

前述したように、日焼け止めが残ってしまうと、肌トラブルの原因となります。

お湯やせっけんで簡単に落ちる日焼け止めを選ぶようにすることが大切です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。