犬の熱中症対策に効果的な飲み物は?頻度や量はどれくらい?

犬の熱中症対策に効果的な飲み物は?頻度や量はどれくらい?

夏が迫ってきて気温もどんどん高くなってくるころに気を付けたいのが熱中症。

実は症状が出るのは人間だけではありません!家族である愛犬も十分に熱中症になる可能性があります。

今回は愛犬熱中症対策に向いている飲み物をご紹介していきたいと思います。

Sponsored Link

犬の熱中症対策に効果的な飲み物は?

犬の熱中症対策にも効果がある飲み物としては、普通の水でも十分なんです。

ですが、熱中症時には水分だけでなくミネラルも摂取する必要があります。

水分とミネラルを同時に効果的に摂取することができるのが犬用のスポーツドリンクです。

人間のスポーツドリンクを与えることも可能ですがそれは少量であって、大量に与えてしまうと逆に糖分や塩分の取りすぎになり犬の体に害することになってしまいます。

人間用を与える場合は必ず薄め、与える量に注意しましょう。

犬用のスポーツドリンクはペットショップやホームセンターなどで簡単に手に入れることができます。

中でもペットスエットという商品はとてもおすすめ!人間でいうポカリスエットみたいなものですね。

値段もお手頃でペットの体液に近い電解質組成なので水分やミネラルを素早く摂取することができます。

Sponsored Link

飲み物を与える頻度と量はどれくらい?

飲み物を与える頻度は常にわんちゃんが飲みたいときに飲むのがいいでしょう。

そのために1日3回程度交換して、新鮮な飲み物をいつでも飲める場所に置いてあげましょう。

どれくらいの量をあげればいいのか一番疑問に思う方が多いと思いますが、犬の犬種や大きさによって変わってくるので一概にこの量を飲ませていれば安心といった判断はできません。

ですが、基本的な水分量の計算式はあります。

これを目安にするのもひとつの手かもしれませんね。

必要水分量(ml)=(体重)×0.05~0.07

となります。

ぱっと見難しそうに見えますよね?

例として8キロのわんちゃんを飼っている場合

8000×0.05400

8000×0.07560

となるので1日に必要な水分量はおよそ400~560mlということになります。

これはあくまでも目安なので一番大切なのは新鮮な飲み物を常に与えられるよう心掛けるようにしましょう。

犬が熱中症になってしまった時の対処法

愛犬に熱中症の症状がみられたとき、応急処置としてまず、日陰やエアコンのきいた室内に移動させます。

移動させたら犬を冷やしていきます。

冷やし方として直接犬に水をかけ、風をあてて冷やしていくやり方と氷や保冷剤を太い血管がある場所(頭、首筋、わきの下、おなか、内もも)にあてて冷やしていくやり方があります。

ただし、冷やしすぎないように注意してください。

そして水分補給をさせていきましょう。

犬は体のごく一部でしか汗をかくことができないので人間のように汗をかいて体温調節をすることができません。

パンティング(激しく口呼吸をすること)をすることによって水分を蒸散させ、体温を下げようとします。ですが気温や湿度が高かったり、気道に問題があるとうまく蒸散することができず、体温を下げることができません。

体温が高い状態が続いてしまうと体を作っているタンパク質が変性してしまい様々な臓器の機能に障害が出始めます。

また、脱水してしまうことによって、水分や塩分が体の必要なところまで届かなくなってしまい、障害がさらに進行し多臓器不全に陥ってしまいます。

まとめ

今回は犬の熱中症についてご紹介させていただきました。

犬だけではなく大切な家族であるどのペットたちにも熱中症になる可能性はあります。

大切な家族を守るために飼育場所や水分の摂取の仕方を見直し、正しく管理してあげるようにしましょう。

今年の夏も暑そうですがペットたちと楽しい夏を過ごしたいですね。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。