【衣替え】出した衣類の洗濯は着る前にする?必要な場合とやり方は?

【衣替え】出した衣類の洗濯は切る前にする?必要な場合とやり方は?

季節が変わって収納していた衣類を出したとき、着る前に洗濯していますか?

着る前に洗濯するかしないかで、悩む方が多いとおもわれます。

長い間クローゼットや押し入れの収納に放っておいた服を、そのまま着るのは抵抗がありますよね。

しかし、収納から出した後に必ずしも洗濯をしなきゃいけないということはないのです。

保管中の環境によりますが、収納から出してきた服のお手入れ方法について詳しく説明していきます。

Sponsored Link

衣替えで出した衣類は着る前に洗濯しないとダメ?

きちんと整えた環境で保管しておいた衣類は、クローゼットや押し入れの収納ケースから出したときの洗濯は必要ありません。そのまま着ても大丈夫です。

衣替えで一番見て頂きたいのは、全体のチェックです。

特に問題がなければ、そのまま着ても大丈夫です。

カビやシミ、黄ばみなどがある場合には別途対処が必要になります。

収納する前は汚れがついていなくても、収納中にシミが浮き上がったりカビが繁殖してしまう場合もあります。

衣類に何かしらのトラブルがある場合は、クリーニングに持っていくことをオススメします。

Sponsored Link

衣替えで出したあとに洗濯が必要なケースは?

一番のトラブルはシミ汚れ。

収納する前にはシミがなかったのに、衣替えで出したときにはシミができていた。こんな経験はあると思われますが、これは汗じみが後から浮き上がってくることが原因となっています。

汗は透明の液体ですので、衣類に付着してもわかりません。

そして、透明なシミとなり時間と共に酸素と反応して酸化してしまい、黄色や茶色のシミへと変色してしまいます。

また、茶色のシミの原因は「カビ」であることが多いです。

タンスや押し入れなどの、通気性が悪い所に長期間保管しているとカビが生えてきます。この茶色になるのはカビが酸化している原因でなるみたいですね。

黄色のシミの原因は、体から出る汗や皮脂です。

これらが空気中の酸素と結合し酸化することで、黄ばみが発生します。

夏場など汗をかきやすい時期には注意してください。黄ばんだまま放置していると黒ずんでしまいますので気を付けてくださいね。

シミの落とし方

40度前後のお湯に液体洗剤を染み込ませて、2~3時間放置した後に泡立たせて優しく揉み洗いしましょう。

この方法であれば、生地が傷むことも少なくなります。

お湯で洗っても落ちない場合は酸素系の漂白剤を使用しましょう。

酸素系漂白剤は色や柄を守りシミだけを落とすことができます。

シミによっては、自宅で落とせないものもあります。特にサビが原因の茶色のシミは落ちにくいです。

洗ってもなかなか落ちない場合は、クリーニングがオススメです。染み抜き加工をしてくれますので、大体は綺麗におちます。

クリーニング店に相談してみましょう。

Sponsored Link

衣替え後のトラブルを減らす収納方法は?

長期間保管するものは洗濯をしましょう。

少ししか着用してなくても、汗や皮脂などはつきやすいです。汚れがついたままだと、茶色や黄色のシミになることがあります。

家庭で洗えない衣類に関しては、クリーニング屋さんに頼んでみましょう。

そして、比較的換気しやすいハンガーラックやクローゼットなど吊り下げが可能な場所で収納しましょう。

ただ、クローゼットは湿気が内部にこもりやすいので、こまめな換気や除湿剤を使用してください。

押し入れに収納する場合は、高さがないので長さがある衣類は保管しない方がいいです。

基本的に収納ケースでの保管するかと思いますが、こちらも湿気がこもりやすいので、こまめな換気が必要です。注意していきましょう。

また、冬物と夏物によっては保管の仕方も変わっていきます。冬物はコートやジャケット、セーターなど自宅では洗いにくい物は、クリーニングにたのみましょう。

自宅で洗濯した場合は、よく乾かしてから収納してください。

夏物の衣類は冬物に比べて薄手なので、湿気の心配は必要ないのですが、汗や皮脂の汚れが残りやすいので、保管の前に一度洗濯してください。

まとめ

衣類の保管はどの場所に収納するかによって、方法が変わってくると思います。衣類に汚れを残したまま雑な保管をしてしまうと、お気に入りの衣類に穴があいていたり、シミやシワの原因になります。

お気に入りの衣類を長持ちさせるためにも、保管前には汚れを落とし適切な方法で収納しましょう。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。